アメリカ文学

アメリカ文学

ティム・オブライエンベスト7!入門者へのおすすめは何?村上春樹が翻訳した本当のベトナム戦争小説

ティム・オブライエンはベトナム戦争をテーマとしている作家です。日本では村上春樹さんが翻訳したことで有名となり、『本当の戦争の話をしよう』などがよく読まれています。そんなかれの小説・エッセイのベスト7や映画化作品などを紹介します。
アメリカ文学

【今読んでも面白い!】村上春樹のフィッツジェラルド愛、大爆発のエッセイ集『ザ・スコット・フィッツジェラルド・ブック』

フランシス・スコット・フィッツジェラルドはアメリカの偉大な作家であり、日本では村上春樹さんが大好きな作家としても知られています。そんな村上春樹さんのフィッツジェラルド愛大爆発のエッセイ集ザ・スコット・フィッツジェラルド・ブックを解説します。
アメリカ文学

フラナリー・オコナー全短編を解説。代表作『善人はなかなかいない』から名言まで

今回は、フラナリー・オコナー全短編を解説します。 代表作『善人はなかなかいない』から名言まで、彼女の作品と人柄を紹介していきます。 フラナリー・オコナーは、どうして日本ではあまり有名じゃないのか不思議なくらいに、魅力的な作家です。 ...
タイトルとURLをコピーしました